やがて血となり肉となる


いち共働き主婦の食べてみて、作ってみて、買ってみておいしかったもの。
by michiruh1

<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お食事会

昨日は、芝居の公演に参加してくれたスタッフさんの慰労を兼ねて、我が家でお食事会でした。
参加者なんと総勢8人!
しかも、男性陣が多いため、「量が足りるのか?」がとにかく心配で。

数日前から材料をこつこつ買い揃え、手に入りにくい材料はあっちこっちの店に行って捜し歩き、当日は朝から仕込んで作りに作った料理たち。

以下は今回のメニュー。

さつまいもとレーズンのマヨネーズサラダ
醤肉(ジャンロー・豚ロースのワイン煮中華風)
牛筋と根菜の煮込み
手羽先のオーブン焼き
ニラのチヂミ
豚バラ肉のトロトロ煮
ひよこ豆のカレー
海老のミルク炒め
鯛めし

…改めて見ると、結構作ったなあ、自分。

写真を一部公開。

d0004190_13485573.jpg

牛筋と根菜の煮込み。

牛筋が、いまほんとに手に入らなくてねえ。
あちこち探し回って、隣の駅のスーパーでやっと見つけた。
2時間下茹でした牛筋が、とろけるくらい柔らかい。
ごぼうやコンニャクで、デトックス効果もばっちり。

d0004190_13534863.jpg

海老のミルク炒め。
陳健一氏のレシピ。
下ごしらえした海老がプリプリで美味。

d0004190_13551111.jpg

今回のメインイベント、鯛めし。
生まれて初めて、鯛を丸一匹で買った(下処理はお店でやってもらった)。
レシピは「土鍋で炊く」とあったけど、無いのでル・クルーゼで代用。
鯛とダシ汁で炊いたご飯の旨みが絡んで絶妙。

いやいや、作った作った。

でも、「普段、食べることにあんまり興味ないんですよ~」っていう1人暮らしの子とかが、うちに来ると欠食児童のようにもりもり食べてくれるので、とても嬉しい。
作り甲斐があります。
鯛めしとか、大勢じゃないとなかなか作れないメニューもあるしね。

準備を入れると数日がかりになるので、しょっちゅうはできないけれど、
時々は開催したいと思う。
人が来るとなると、家もきれいになるし(笑)。

とりあえず、今日来られなかったスタッフさんのために、近いうちにもう一回開かなきゃ。
[PR]
by michiruh1 | 2006-03-26 14:03 | 料理

爆発

ああ、分かってるの、今の私には無理な相手ってことくらい。
でも、どうしても一目見たいの、あの姿を…。

公演終了早々色々と作業があり、そんな暇はないことくらいは重々承知なのだが。
料理欲が爆発して、作っちまいました。

ポテトとひき肉のパイ。

d0004190_2051455.jpg


もうキッシュかパイ焼きたくてしょうがなかったんだけど、2人家族だと確実に余るし、ここ数ヶ月忙しくて、随分前に買った冷凍パイシートが冷凍庫の隅っこにず~っと眠ってる状態だったのよね。
今週末にお客様が来るのもあって、その予行演習も兼ねて作る。

冷凍パイシート使ってはいるけど、
中身のマッシュポテト作って、ひき肉を別に炒めて、底の皮をパイ皿に敷き詰めて先にオーブンで焼いて、その上にポテトとひき肉を乗せて、上のパイ皮をかぶせて、溶き卵塗ってさらにオーブンで焼くという、
パイ生地作らずともめちゃくちゃ手間がかかる代物なのです。
今回初めて作ったんだけど、トータルで2時間近くかかってしまった…。ああ、現実逃避。

d0004190_20581621.jpg


レシピは小林カツ代さんのもの。
手間かかっただけあって、うんまいです!
ひき肉にローリエ細かくして入れるのが新鮮。風味がついておいしい。

しかし、1人1~2切れが限界。
今回初めて知ったんだけど、冷凍パイシートって、1枚460キロカロリーもあるのね。
これは1皿(丸1個)でパイシート4枚(ちょうど1袋分)使ってるから…
パイ生地だけで1840キロカロリー!!
ひえええ!!!
そりゃ食べきっちゃいけません、いけません。

底にも上にもパイ生地使ってるから、かなりお腹にどーんと来ます。
夕食まで全然お腹減らなかった…。

お客様には他にも数品出す予定だから、これだとちょっとボリュームありすぎだなあ。
普通にキッシュにしようかな。
これはまたの機会にしよう。

うーん、しかし2切れ余っちゃった…。
冷凍とかできるのかなあ、これ。

とりあえず明日の朝ごはん?重たすぎ?
[PR]
by michiruh1 | 2006-03-21 21:09 | 料理

高級チョコ

もいっちょチョコネタ。

先日、おつかいものを買おうと立ち寄った、銀座三越のデパ地下。
ふと見ると、入り口近くの一等地に、新しい店舗ができていた。

「AMEDEI」(アメデイ)

d0004190_20425822.jpg


イタリアの高級チョコレートメーカーらしい。
イタリア人の兄妹が経営し、希少価値の高い幻のカカオ豆を使用とのこと。
スーツを着た男性店員が応対してるとこを見ると、かなり高級なようだ。
「チョコレートのロマネ・コンティ」という宣伝文句までついている。
ほおお。

しかし最近高級ショコラティエ増えたよなあ、いくらぐらいするのかしら、と、
買う気はないけど、写真の板チョコ(1枚)の値段を何気なく覗いてみた。

「1575円」

い、板チョコ1枚がですか!?!?!?

思わずのけぞるくらいなダメージを受けた。
いや、実際にちょっとのけぞったかもしれない。

確かに私はチョコ好きだし、バレンタインには張り込んでショコラティエでトリュフを買ったりもした。
同じチョコでもトリュフとか生チョコなんかは作りも凝ってるから、高くてもまあしょうがないかなとは思う。
し…しかし、板チョコでこの値段?
いくら幻のカカオを使っているとはいえ…。

いや、買うかもしれないけどね。
例えば、雪山で遭難して、飢えて死にそうなときに悪魔が出てきて、
「どうだ、この板チョコを1枚1575円で売ってやろう」
って言われたら。

しかし、それくらいの極限状況じゃないとおそらく買わない。

他にも、名刺入れをちょびっと大きくしたくらいのパッケージのチョコが630円とか、
なんかすごいインフレ価格のチョコレートが並んでいる。
バレンタインで高級チョコを見慣れた目にも、かなりな衝撃だ。

しかも、恐ろしいことに!

その1575円の板チョコたちが!


軒並み売り切れていたりするんである!


怖いよ、怖すぎるよ、東京! いや、日本!

いや、見たのがバレンタイン直後というのもあったかもしれないけど。
でもつい2,3日前に行ったときにもやっぱりものによっては売り切れていたので、
あながちバレンタインのせいではあるまい。

いやああ、すごい。
この前友達に「いまフランスの高級ショコラティエは、パリでなく東京に支店を出す」って話を聞いたけど、
日本人は、いま世界一チョコレートにお金を使う民族なのかもしれないねえ。
ああ、びっくりした。

600円のミニチョコくらいなら試しに買ってみてもいいけど、
それでもかなり勇気いるなあ。
庶民には手の出ない価格だよ…。


帰って明治の板チョコでも食べよっと。
[PR]
by michiruh1 | 2006-03-19 21:12 | スイーツ

地下鉄おやつ

たまっていたネタを少しずつ放出。

まずはこれ。
デパ地下限定ならぬ、地下鉄限定おやつ。

d0004190_212558.jpg


東京ショコラ。
チョコレートソースとクルミソースをしみこませた生チョコケーキ。1個150円なり。
今のところ、東京メトロの駅売店でしか売っているのを見たことがない。

タバコの箱を細長くしたくらいの大きさで150円だから、安くはないのだが、
それだけに美味しい。
チョコレートのしみこんだケーキはしっとりと柔らかく、濃厚なおいしさ。
「フォンダンショコラ」という箱書きの通り、カフェで出てきてもおかしくないくらいなクオリティの高さ。

毎日のおやつとしてはやや高いけど(カロリーも高いが)、
「ケーキ食べたいけど、カフェに行くにはお金がないし、デパ地下行く時間もないし…」というときにちょうどいい。

東京ショコラだけに、東京メトロでしか売ってないのかしら。
他で売ってたのを見かけた方、目撃情報求む。
[PR]
by michiruh1 | 2006-03-18 21:14 | スイーツ

いつもの生活

芝居の公演も無事終わり、いつもの生活に戻る。

公演前は稽古や準備でばたばたして疲れて、家にいるときもロクに自炊をしていなかったのだが、今週に入り、やっと台所に向かう気になる。

で、今日の晩ご飯。
d0004190_1312100.jpg


たらの粕漬けの焼いたのと、白菜のクリーム煮。
あと、白いご飯と梅干。

なんてことないメニューだけど、公演中は外食続きだったんで、こういう家庭料理自体が久々で新鮮。

自分の家で、自分のご飯を自分で作って食べる。
今まで忙しかっただけに、そんな普通のことが普通にできる生活がうれしい。


ついでなので、稽古中に食べていたものの一部も公開しよう。
ほんとはリアルタイムで更新したかったんだけど、写真撮るのが精一杯で。

d0004190_184568.jpg

ある日の稽古場ご飯。
東急渋谷東横店のデパ地下で購入した、三宿のパン屋さん「ラ・テール」のパン。

顔が描かれてるのは、クリームパン(160円)。「笑顔のクリームパン」とか、「幸せを呼ぶクリームパン」的な名前がついてたのだけど、正式名称失念。
あと、タンドリーチキンのピタパン。これは350円くらいか。

やや高めの価格帯だが、どっちもおいしかった。
ここは石釜焼きのパンが売りなので、ほんとはフランスパンとか硬めのパンがおいしいんだろうけど、個人的に硬めパンをあまり食べないので買わず。

d0004190_114551.jpg

もひとつ。

これは、同じく東急渋谷東横店に期間限定で出ていた、恵比寿のオムライスやさん「オムトラック・カフェ」の「オクラと山芋の和風ダシオムライス」。750円くらいだったか。

定番から変り種まで、オムライスが10種類くらいあり、目移りする。
その日は和風な気分だったので、これを。

中はケチャップのチキンライスなのだが、これがほんのり甘くて絶妙!
オクラや和風ダシとも合う。卵もふんわりでおいしい。
持ち帰りでやや冷めててもおいしかったんで、出来立てならなおのことおいしいだろうな、これ。
うう、他の種類も食べたい。恵比寿まで遠征するか。


今回は稽古場行くのに電車乗り換える途中でデパ地下を通るので、
わりと食生活的には豊かだった。
ほかにも雑穀と有機野菜のお弁当買ったりとか。
稽古場の近くにも惣菜やさんがあったので、そこでサラダや煮物を買ったりもしたし。

その分お金もかかったが、さすがにこの年になると、多少投資してでもきちんと食べて栄養補給しないと稽古乗り切れないからね…。
[PR]
by michiruh1 | 2006-03-16 01:27 | 料理

自炊率が

d0004190_12471983.jpg

また下がっている。


「うおお、しょうゆ味のものが食べたい!」と思って作った、豚バラと大根の煮物。

こういう、疲れると無性に和食(和風味)を欲するところが、日本人だなあと思う。
外国行くの好きだし、期間限定で住んでみたいけど、永住したいとは思わないのもその辺にある。
きっと和食禁断症状で死ぬから(笑)。

これが公演前最後の自炊だろうな…。
[PR]
by michiruh1 | 2006-03-08 12:47


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧