やがて血となり肉となる


いち共働き主婦の食べてみて、作ってみて、買ってみておいしかったもの。
by michiruh1

<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

焼肉♪

d0004190_22443698.jpg

やっと復帰しました。

暑くてたまらん!
ということで、炭火焼肉トラジの二子玉川店へ。

昔恵比寿店に行ったことはあるけど、ニコタマのお店は初めて。
高島屋内にあるだけあっておしゃれな店内。
そのぶん価格もやや高な気はするが…。

お値段張るだけあって、どれもおいしい!
特に、黒味噌で味付けした黒フィレ(1300円)が美味で気に入りました。
角切りのフィレ(ベリーレアで食べる、普通のタレ味もあり)は柔らかいし、味噌もおいしい。


これで暑さも乗り切れる!はず。
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-31 22:44

韓国のコチジャン

d0004190_17551358.jpg

諸事情により今週はほとんど更新ができておりません、すいません。来週から復活しますので。
先月の韓国旅行でコチジャン(韓国の辛味噌調味料)を買ってきたのだが、これがうまい!
抜群に辛くて、しかも辛味の中に甘味も旨味もあるのだ。
この味を知ってしまった今となっては、もう日本のスーパーとかで売ってるコチジャンは買えない。
ああ、もう一瓶買ってくるんだった。

というわけで、コチジャンを使った炒め物。
鶏肉のタッカルビ風。
以前市販のタッカルビセットを買って作ったら、いまいちだったのでリベンジ。
鶏肉とキャベツ、玉ねぎ、ピーマンなどをフライパンで炒めて、コチジャンを好きなだけ、酒、中華スープ(少量)を投入。砂糖、しょうゆも加える。
汁気がだいたいなくなって、材料が煮えたらできあがり。
焦げないように適当に水(スープ)を足しつつ作ったので、炒めたんだか煮たんだかよくわからなくなった。炒め煮?

ちなみに味はうまかった!辛くて最高!コチジャン万歳。
今度はビビンパしよっと。
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-22 17:55

玉ねぎづくし

ついに(やっと?)記事数が100件に到達しました!
延べアクセス数も1000を越えました。
閲覧者数はとても少ないはずなので、毎日見てくださってる方の尽力が大きいと思います。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

今回は引き続き敬語モードでお伝えします。

さて、記念すべき100件目の記事は、玉ねぎ。
先日お友達にいただいて、1個はカレーに使ったけれど、
まだ特大サイズが2個、赤玉ねぎも3個あります。
大量消費するメニューは…と考えたところ、
ひとつのメニューを思い出しました。

今からかれこれ10数年前。
高校の卒業旅行で、仲良しグループで泊りがけの旅行に行ったときのことです。
友達のお父さんのお知り合いの別荘(といっても普通の民家)にみんなで泊まり、
朝までしゃべったり、ドンジャラをやって遊んだのでした。純真だったなあ。
食事は皆で自炊。
料理経験が少ない私たちが、ちらし寿司(ちらし寿司の素使用)を作るのも四苦八苦する横で、
料理上手のNちゃんが作ってくれたもの。
それは、オニオンチキンソテー(名称仮)でした。
山のようなすりおろしの玉ねぎに、鶏肉を漬け込んで焼くだけのシンプル料理。
なのにとってもおいしくて、感動したのを覚えてます。

いつか作ろうと思っているうちに、いつしか忘れてしまっていたメニュー。
今回思い出したのも何かの縁。
作ってみることにしました。

まずは玉ねぎをすりおろす。
これがとっても大変。1個すりおろしたら、手ががくがく震えるほどに。
しかも水がでちゃって、あまりすりおろしにならない。
セラミックおろしだとためなのかしらん。

これをボウルにいれ、鶏もも肉(2枚)を漬け込む。
ちょっと玉ねぎが足りないかなあ…
時間はどのくらいだろう~。
Nちゃんは、最初に仕込んで、他の料理をやってる間じゅう漬けこんでいたはず。
なので、1時間ほどつけてみる。

漬けた鶏肉の水気を軽くふいて、フライパンでソテー。
中まで火が通るよう、じっくり、じっくり。
玉ねぎのとってもいいにおいが漂う。
これは期待できそう。

d0004190_21422367.jpg

完成!
いい焼き色がついておいしそう。

さあ、あの味は再現できているのか?

食べる。
…ん?味が薄い?
ジューシーで旨みはあるんだけど、味が足りない。
Nちゃんのは、玉ねぎオンリーでも、とてもおいしかったのに。
玉ねぎの量が足りなかったのか、漬け込み時間が短かったのか。
でも塩コショウをちょっとふったら、俄然おいしくなった!
次回もう一回トライして、味が薄ければ最後に塩コショウを足すことにしよう。
または最初に塩コショウで下味つけてもいいかも。


d0004190_21424175.jpg

あとは赤玉ねぎ。
これはスライサーでスライスして、水にさらして、スモークサーモンをのっけてサラダに。
これは実家でよくやってた食べ方。
ノンオイルドレッシングでさっぱりと。おいしい。
あと生ハムバージョンとツナバージョンをやれば、赤玉ねぎはすぐ消費だわ♪

今回は懐かしい料理再現シリーズになりました。
料理の記憶って、食べたときの記憶も甦ってきて、それもまた楽しいのよね。
だから料理(&食べ歩き)はやめられない!
きれいにまとまったかなあ。
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-15 21:52 | 料理

カレー本

d0004190_1891360.jpg

何度か言ったかもしれないが、もう一度言う。
私はカレーが好きだ。
そんな私が、本屋でカレー本を見つけた。

買うしかないでしょこりゃ!

元から持ってるガイドブックと比べると、お店自体はそんなに目新しいところは載ってないんだけど(スープカレーの店は結構載ってた)、
カレーのレシピが載っている!

夏カレーのレシピや、さらにデリーやナイルレストランなど有名店のレシピが!
(ナイルレストランは看板メニューのムルギーランチじゃないのが残念だが)

即決、購入。

お店ガイドもレシピも使い倒したる!
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-13 18:09

メロンタルト

d0004190_23204051.jpg

渋谷ロフト横のコムサカフェでお茶。
メロンのタルト(525円)とカフェショコラ(315円)を頼む。
タルトはメロンがごろごろのってて美味。カスタードとスポンジ、ほんのりメロン味の生クリームのハーモニーもよい。
ただ一切れが大きいので、一人では相当満腹になる。
前は渋谷店は、ケーキがもうちょっと小さいサイズで315円で、いろいろ種類が試せてよかったんだけどな。システムが変わってしまったのか、残念。
でも味は変わらずおいしいです。

追記
携帯を買い換えたので、新携帯から初めての更新。
写真のサイズ、でかっ。知らなかった。
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-12 23:20

休日出勤

d0004190_8151720.jpg

今日は研修発表会で出勤。
他部署のわからない話を一日聞かないといけない。
あああ。潤いがほしい。

というわけで、キヨスクに寄る。
森永キャラメルに抹茶味が出ていたのか。購入。
京都の抹茶使用らしい。
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-09 08:15

玉ネギおばさん

d0004190_22492867.jpg
先週末、友達から玉ネギをたくさんいただいた。
友達のだんなさんのご実家から送ってきたもののおすそわけ。
写真は5個だけど、プラス1個で6個。
1個はこの前カレーを作るのに使用。


しかも、1個1個がとても大きい。

カレーのレシピには「玉ネギ中2個(400g)」とあったんだけど、
重さを量ったら1個で400gあったもんなあ。1個で足りてしまった。

どう料理してあげようかしら♪

炒めたまねぎでも作ってみるかな。
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-08 22:55 | 料理

ちゃんぷる

d0004190_2130158.jpg
夏だ!ゴーヤだ!
というわけでゴーヤチャンプルーを作る。

ゴーヤチャンプルーは、ここ1、2年の我が家の夏の定番料理。
私は苦いのが苦手だけど、
「ゴーヤを塩もみしてしばらく置いてから洗うと、苦味が薄まる」と本で読んで、
やってみたら、ほんとに苦味が取れ、食べやすくなった。
それ以来、夏になると結構作る。
うちは塩としょうゆ(仕上げにちょっとだけ加える)で味つけする。

夏のうちにあと2回はつくるぞ!
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-06 21:36 | 料理

カレーの季節

夏だ!カレーだ!
というわけで作ることにする。

d0004190_2145059.jpg
今回は初めてフレーク状のカレールー(カレー粉?)というものを使ってみた。
固形のものは使い切れなくて余ってしまうし、脂肪分が多いと聞いたので。
近所の食材やさんにあって前から気になっていた、コスモのカレーフレークを購入。
「直火の釜でじっくり炊き上げました」というもの。
6~8皿分で350円前後。

中辛と辛口、どちらを買うかでちょっと迷う(甘口もある)。
どうしよう、最初だから無難に中辛か?
いや、ここは夏だし強気に辛口だ!
あたってくだけろ!
ということで辛口を購入。

作り方は普通のカレーと全く同じ。
肉と野菜を炒めて煮込んで、カレーフレークを溶かしてとろみがついたらできあがり。
私はじゃがいもを入れる派でだんなは入れない派なんだけど、今回は入れないでみた。
代わりに、余っていたカリフラワーを投入。

d0004190_21494214.jpg
できあがり。
やや黒っぽい感じ。

さあ、お味は?



食べる。
…まあ、いわゆる普通のカレーだから、びっくりするほどおいしいってことはないんだけど。
でも、固形のカレールーを使ったときより香ばしい気がする。
とろみはあるけど、変に脂っぽくないし。
しみじみとおいしい。
カリフラワーもとても合う。

ちなみに辛口でも全然いけました。
辛いもの好きなら、辛口でも物足りないかも。
これで中辛だったら、もっと甘かったんだろうなあ。
強気に出て正解だった!
当たってくだけなかったぞ!

量もちょうどいいし(2人で夜と翌日の昼に食べて、ちょうど無くなった)、
これからうちの定番にしようかな。

あ~、いろいろカレーが作りたくなってきた。
無印のタイカレーも最近作ってないし、夏だからナスカレーも作りたいなあ。
夏中にあと3回はつくるぞ!
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-05 21:55 | 食べ歩き

この豆腐野郎!

タイトルに意味はありません。

d0004190_2150810.jpg
さて、以前、ユニーク豆腐、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」(商品名)で私の心をわしづかみにした、三和豆友株式会社の製品、「やっこ野郎」でございます。
近所のスーパーでも、三和豆友の取り扱い製品が増えてきて、これもしばらく前に置かれるようになったもの。(以前は「豆腐屋ジョニー」だけだった。)
前から存在には気づいてたけど、1人で食べるには量が多い(400g)のと、値段も安くはないので(298円)、なかなか買う機会がなかった。
今回50%引きになってたので、買うことにした。

名前もユニークだが、さらにこの形!
ジョニーも異様に細長~い形でユニークだったけど、
「やっこ野郎」もひょうたん型で負けてない。

d0004190_2201668.jpg
さらによく見ると、パッケージには、
「喧嘩上等 やっこ野郎 生ビールとお前がいればそれでいい!」
と書いてある。
いいよぉ、こういうの大好き。

肝心の味ですが、おいしかったです。
豆乳の味が濃くておいしい。
見た目だけ奇をてらった食品、というのも多いけど、
これは中身も上等、というのがいい。

やっぱり男は見た目も中身も大事よね!

d0004190_2253355.jpg
おまけ

パッケージを開封して見て気がついたんだけど、
これ、容器の先端部分が、カギ状になっている。
未開封のときはフィルムで隠れてて気がつかなかった。
フックのようにひっかけられる形になっている。
なんでだ?

d0004190_228532.jpg
というわけで、意味ないけどキッチンラックにひっかけてみた。
意味ないけど。ほんとに意味ないけど。
[PR]
by michiruh1 | 2005-07-04 22:10 | 食品


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧