やがて血となり肉となる


いち共働き主婦の食べてみて、作ってみて、買ってみておいしかったもの。
by michiruh1

<   2005年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

紫いもに挑戦

d0004190_2373798.jpg
初食材にチャレンジ!

紫いも。しばらく前に話題になりましたね。
目にいいと言われるアントシアニンが豊富です。
最近は近所のスーパーでも見かけます。

ウチは2人とも目を酷使する商売なので、
どーにか食事に取り入れられないものかと思い、買ってみました。

今回初めて実物を見たんですが、じゃがいもより大きいんですね。
普通のじゃがいも袋に3個でいっぱいという感じ。
これは種子島産らしい。ほー。

d0004190_23113165.jpg
切ってみる。
もっと濃い紫かと思ってたんですが、白い部分と紫の部分が混ざっている感じ。
生の状態だと色が薄いのかな。

やはり家にある本では、紫いものレシピは見あたらない。
スーパーの惣菜コーナーにサラダが売っていたので、
まねしてサラダをつくってみることにする。

d0004190_23171076.jpg
「いも類は蒸すとうまい」と、以前なにかの料理本で読んだので、
時間があるときは、蒸すようにしている。確かにおいしくなるし。
メンドウだけど丸のまま蒸し器にかける。
蒸してる間も、甘~いいいにおいがしてきます。
30分ほど蒸して、竹ぐしがスッと通るようになったら完成。

d0004190_23195948.jpg
蒸した状態。
キレイな紫色になっている。
いもによって、濃い紫になるのと、そうでもないのがありました。


試食してみる。ほくほくでおいしい!
さつまいもに近い味。このまま食べてもいいかも。

熱いうちに皮をむいてつぶし、マヨネーズ、塩こしょうで調味。

d0004190_23221412.jpg
できあがり。

なかなかおいしかったです。甘くてほくほく。
ただ、マヨネーズだけであえたら、ちょっともそもそした感じになっちゃいました。いもの状態次第では、生クリームや牛乳などを加えて柔らかくするとよいと思います。
次の日、生クリームを加えてみたらいけました。

食材としては、さつまいもと同じ感覚で使えると思います。
てんぷらとか、小判型にしてお焼きっぽくしてもいいかも。
また研究してみよっと。

ちなみに、

だんなにはイマイチ不評でした…。

そういえば「さつまいもって甘くて、ご飯のおかずにはちょっとね」
って前に言われた気が…。(男の人って、ご飯に甘いおかずはダメって人多いんだよね)

忘れてたよ…。

でも、女の人やお子さんにはウケるはず!
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-08 23:41 | 料理

ママの味

d0004190_12452273.jpg

不二家の期間限定、ももミルキー。

ちゃんと白桃の味がする。
おいし♪
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-08 12:45

調子に乗って

d0004190_2256582.jpg
デザートまで作る。
なぜこう日によって料理意欲が極端なんだ…。

これも初挑戦、スペイン風焼きリンゴ。
しばらく前にTVでやってました。
赤ワインを使うのが特徴。

d0004190_22572133.jpg
オーブンで焼いてできあがり。
今日はオーブン大活躍だなあ。
しっかり働いてね~。寿命がきたらウォーターオーブンの「ヘルシオ」に買い換えるから♪



d0004190_22592763.jpg
りんごが赤ワインを吸って、きれいなワイン色に!
柔らかくて美味。
実は甘みづけをするのを忘れてしまったんだけど、りんごの甘みだけでもおいしかった。


食べすぎだな…
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-07 23:05 | スイーツ

タンドリーチキン!

意味なくびっくりマークをつけてみる。

お蔵入りレシピ発掘企画・第一弾、タンドリーチキンです。

「あ、これおいしそ~、今度作ってみよ~」とレシピを購入、もしくはメモしたり切り抜いたはいいものの、一度も作らないまま台所の片隅に眠っているレシピ。
「一回も作ってないし、もう処分しようかな~」と思うものの、「いつか作るかも」と思うと捨てられない。
この企画は、そんなレシピに(個人的に)光を当てる企画です。

タンドリーチキン。インド料理の一つ、鶏をスパイスに漬けて焼いたものです。ずっと気になってました。なぜなら私はインド料理好き、辛いもの好き、そして鶏肉好き。
去年の夏スーパーでレシピまでもらったものの、作る機会を逃し半年以上。
「ブログに何載せようかなー」と考えてたところ、はっと思い当たったのです。

今回作るにあたり、ネットでもレシピを検索してみる。出るわ出るわ。
やり方はいろいろあるけど、共通しているのは、

(1)プレーンヨーグルトと、カレー粉などのスパイスや調味料を混ぜあわせる。
(2)鶏肉を(1)に漬けて、数時間~一晩おく。
(3)オーブンまたは魚焼きグリルで焼く。

ということ。なるほどね。

初回は、眠っていたスーパーのレシピでトライ。
これは使うスパイスはカレー粉だけだし、あとの調味料も家にあるもので作れてお手軽。

d0004190_22264969.jpg
前日の晩に、漬けダレをつくって、鶏肉をつけておく。
ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておくだけなのでお手軽。

ちなみに混ぜたカレー粉入りのヨーグルトを試食してみました(うげっ)。
でも思ったより平気だった。辛くないカレー?という感じ。ヨーグルトの味はあまりしない。

d0004190_22313166.jpg
一晩たった状態。きれいなカレー色に染まっている。
あとは水気をふいて焼くだけ。
こういう漬ける系のレシピは、時間はかかるけど手間はかからなくて重宝します。
今回はオーブンで焼くことにする。
なぜならグリルより後の洗い物がラクだから♪

d0004190_223359100.jpg
オーブンで焼く。
途中からスパイスのい~い香りが漂ってくる。
「ううー、カレーだあ、カレーのにおいだあ~」
過呼吸になるんじゃないかというくらい、においを吸い込みまくる私。

完成!
なーんだ、簡単じゃない。なんで作らなかったのかしら今まで。

d0004190_22341996.jpg
つけあわせは、キャベツのザワークラウト風。なぜかインドとドイツの融合。


食べる。

と…鶏が柔らかい!!!
いつも買ってるスーパーの鶏肉なのに、段違いに柔らかいよ!(小躍り)

「ヨーグルトに漬け込むと柔らかくなる」ってどこかのHPに書いてあったけど、ここまでとは!
驚嘆です!

ヨーグルトの効果で、カレー味もマイルドでおいしい。
スパイシー好きな人は、ガラムマサラとか他のスパイスも入れるとよりインド風になりそう。
カレー粉だけなら、お子様でも十分いけます。(もともとスーパーのレシピだから、ファミリー向けの味付けになってるだろうしね。)
つくりおきがきくので、パーティーにもよさそうです。

いやー、最近作った料理の中ではかなりのヒットでした。
またなにかレシピ発掘しよっと。幸い、眠っているレシピには事欠かないので(笑)。

おもてなしメニューに追加決定!
ふふふふふ。
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-07 22:51 | 料理

美人の素?

d0004190_12443795.jpg

何かというと、カット黒糖です。
おやつがわりに食べている。黒糖は体によいらしい。

最近は何でも「美人」ってつければ売れると思いおって!

まあ買ってるんですけど。


追加: これもおいしかったのですが、
以前いただいた「ざわわ」という一口黒糖もとってもおいしかった!
ふつうのカット黒糖ってわりと硬めなんですけど、これは口の中でふわっと溶けて、上品な甘さが残るのです。食べたのは数年前だけど、まだ印象に残ってます。
あ~また食べたくなってきた。通販しようかしら(またお取り寄せか?)。
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-06 12:44

クスクス・リベンジ

クスクス(アフリカの主食の小麦製品)、2回目の挑戦。
前回の初挑戦(3月17・18日の記事参照)のときは、大変な目にあった(ほとんどが私本人による人災だが)。前回の教訓もあるし、今度は別に失敗もするまい。

そのときのブログにも書いたが、「タイカレーのレトルトをかけるとおいしい」という話を読んだので、今回はそれをやってみることにする。

無印良品で購入したレトルトパックのイエローカレー(263円)を温める。
合間にクスクスの調理を。

前回したガムテープの封(これも前回の記事参照)をはがす。
この前は量を誤ってつくりすぎたので、慎重に計量。また箱からどさっと出るが、必死に箱に戻す。同じ轍を踏んでなるものか。
きっちり1人分計量。そしてまたガムテープで箱を密封(おい…)。

でも容器はやっぱり必要。粒が細かいからぼろぼろこぼれるし、箱もよれよれしてくるんで。ガムテープで留めてるからだ。

d0004190_22523890.jpg
お湯でもどしたクスクスをフライパンで炒める。
今回はなんとか真っ当な1人前の量になっている。
前回はフライパン山盛りだったからなぁ・・・。

炒めたクスクスにカレーをかけて完成!(というほど手はかかってないけど)

d0004190_22535433.jpg
うーん、黄色いもの同士だから、色みがイマイチだなあ。
ほんとはグリーンカレーにしたかったんだけど、たまたま品切れで。


食べる。
うん、おいしい!
やっぱりクスクスには汁気のあるものを合わせるとおいしいんだな。
タイカレーの辛さが、クスクスの甘みでほどよく中和されて食べやすい。またクスクスのつぶつぶが、食感のアクセントにもなってる。
白米のほうがカレーの辛さは引き立つから、から~いのが好みな人には向かないかもしれないけど、ご飯とはまた違った感じでおいしい。


勝った。今回は勝ったぞ!(だから何に?)
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-04 23:10 | 料理

あんぱんの日

d0004190_12493160.jpg

銀座木村屋によれば、今日4月4日はあんぱんの日らしい。
明治八年のこの日、木村屋が宮中に初めてあんぱんを献上したんだって。へー。

追加:すいません、最初大正八年と書いてましたが、「明治八年」でした。訂正しておきました。
ちなみにこのあんぱんの日、日本記念日協会に登録されているらしいです。そんな協会があったんだ。
ちなみに今日は、「写真シールの日」「ピアノ調律の日」「トランスジェンダーの日」でもあるらしい。
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-04 12:49

豆腐屋ジョニー・試食編

d0004190_2246242.jpg
3月28日の記事で紹介した豆腐、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」(商品名)の続報。

その名前と異様に細長い形状でハートをわしづかみにされ、買っただけでほぼ満足してしまっていた。しかし食べ物ブログであるからには、それで終わりというわけにはいかない。やっぱり味のレポートもしないとね。


d0004190_22501839.jpg
パッケージを開ける。下からべりべりっと封(ふた)をはがしていく。長い。
うーん、やはり普通の豆腐を開けるのとはなにか勝手が違う。
スプーンですくって、ざる豆腐風に盛って食べるとよいと書かれているので、そのようにする。


d0004190_2253911.jpg
器に盛る。シンプルにかつお節だけかける。
こうなると、もはやジョニーも長い形も関係ない。
味が勝負である。




食べる。
OH、デリシャス!(なぜか英語)
豆腐自体に甘みがあって美味。
豆乳をしっかり使っているからだろうか、クリーミーでこくがある。
しょうゆをかけてもいいけど、豆腐だけでも十分味があっておいしい。

これ、友達の家とかに持ってってもウケそう。
最初はパッケージごと見せて、それからお皿に盛る。
もしくは、容器ごと器やトレーに乗せて、容器からすくって食べても楽しそう。
薬味をいろいろ用意して、各自お好みで乗せたりしてね。
もちろん味もGOODだし。

ジョニーよ、あんた見かけだおしの男じゃなかったんだね。


d0004190_2304046.jpg
ちなみに今日晩ご飯で一緒に食べたのはこれ。
ちらしずしと、煮豚(つくりおき)、お味噌汁。
ちらしずしは、五目ちらしの素使ったんでお手軽だけど、錦糸玉子は自分で作りました。
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-02 23:11 | 食品

NHKのボーダーライン

食べ物には直接関係ないネタですが。

しばらく前のこと。NHKの「きょうの料理」を見終わった後、そのままチャンネルを変えずにいると、5分間の生活豆知識番組が始まった。
その回は料理道具についてで、フードスタイリスト・料理家の板井典夫さん(通称マロンさん)が出ていた。

私はマロンさんのレシピはまだ作ったことがないけれど、わかりやすく、簡単でおいしいレシピをたくさん紹介している人で、人気の料理家です。
しかし、今回の話のポイントはそこではない。

マロンさんは、おねえキャラです。
以前は普通に「です・ます」調で話していたのだけど、最近キャラ解禁になったようで、民放や普通の料理媒体などでは、もう自然におねえキャラで通している。
(いや、ご本人はそれが素なんだと思いますから、キャラって表現が適切かわかりませんが。便宜上そう言わせていただきます)

ちなみに私はおねえキャラの人たちは好きです。かわいらしいし、乙女だし。

そのNHKの番組では、彼は「です・ます」調でしゃべっていた。
「ああ、やっぱりさすがにNHKではまだOK出ないんだろうな~」と思ったときである。

「すご~い、マロンさんプロですね~」というナレーションに続いて、彼はこう言った。
「ええ、マロンはプロよ」

そして画面は変わり次のシーンへ。

「よ」
いま「~よ」って言った?

すでに画面の変わったTVの前で1人激しく動揺する私。(だんなはまだ帰っていなかった)

ここで私が驚いたのは、彼がそう言ったことではもちろんなく、NHKがそれにゴーサインを出した、ということである。
番組は生放送ではなく、録画番組だった。しかも、お客を入れての収録番組などでもなかったから、カットしたり、撮り直しをしようと思えばできたはずである。
しかし、そうすることなく番組は放映された。

「…これはもしかして、すごい場面を見たんじゃなかろうか」
私は思った。
NHKで、男性が女性言葉を話すことにOKが出た。5分番組の一シーンとはいえ、結構すごいことじゃないかと思う。NHKはいろいろ問題でたたかれているが、現場にそういう革新的な人たちがいる限り、大丈夫なんじゃないかと思ったほどだ。大きなお世話か。

この間も、彼がNHK「きょうの料理」に出ているのを見た。
さすがにあの番組のようにあからさまなおねえ言葉は使っていないものの、「~なのね。ホラ見て~」など、言葉やしぐさのはしばしに、キャラが垣間見える。
それを見て、「あ、それはOKなんだ」「これは大丈夫なのね」と、変にハラハラして見守ってしまう私。よけいな心配なのかしら。

料理が学べるだけでなく、NHKのボーダーラインも測れてしまう。マロンさんの出ている「きょうの料理」は一粒で二度おいしい。
負けるなマロンさん!(何に?)
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-02 16:49 | 本・TV

おまけ

d0004190_0582638.jpg

たいめいけんのテーブルにあったびん入りのウスターソース。
レトロな感じですてき。一見ワインにも見える上品な外見。
これがさらにすてきなのが…


d0004190_114672.jpg

ペンギンのロゴ入りなんです!!かわいい!!
いいなあ、欲しいなあこれ。どこかに売ってないかな。
[PR]
by michiruh1 | 2005-04-01 01:03 | 食べ歩き


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧